Impressive Sounds

素敵な歌声や音楽を求めて。

INDEX:目次

いろいろ観た・聴いた感想を書いているわけだけど、無料版はてなブログWordpressみたいにメニューバーの項目を編集できないようなので。
(※ほんとはできるのかも。私が知らないだけなのかも。)
基本的には時系列にしか見えないのって見づらいなって自分が思って、整理のための記事、ディレクション

ちなみに…私がこのブログを始めたきっかけは最初にすでに書いていたりします。
impressivesounds.hatenablog.com


■大カテゴリ■
基本的にレポ多いブログなのでここがメイン。カテゴリ種類はそんなに増えないと思う。

感想レポ カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds

ミュージカル カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds

ライブ・コンサート カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds


■中カテゴリ■
私の中の2大お気に入り作品は、レポでなくても話題に挙げることが多いのでカテゴリ用意。
今後お気に入りが増えたらそのときはカテゴリ増えるかも。

Wicked(ウィキッド) カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds

ノートルダムの鐘 カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds

Heathers カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds



■小カテゴリ■
素敵な歌声を発見しては驚いたりうっとりしたりと堪能させていただいている美声の方々。
個人名がある方は2回以上このブログに登場している方ですが稀なので、基本的には男女歌手というカテゴリにしています。

女性歌手・俳優 カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds


男性歌手・俳優 カテゴリーの記事一覧 - Impressive Sounds

歳を重ねる毎にグリンダに感情移入が強くなる:Wicked 8/24@Apollo Victoria Theatre

2018年夏のロンドン3泊5日弾丸旅行。1晩に1本見る感じで3つ観賞。2つめはウィキッド。通算9回目の観劇でした、意外と10回いってなかった。笑

私の中では曲、ストーリー、セット衣装の総合バランス的に不動のNo.1作品。今までもこれからもきっと好き。


Wicked UK | Official Trailer

これも事前にネットでチケットとっていて、1階ストールズの前から2列目最上手から1席内側、40ポンド強。表情までよく見えるし前の席の人の頭もほとんど気にならないしDefying Gravityなどでの見切れもないから私は良い席と思ったけど、初見にはおすすめできないかも。

私は何度も観てるから多少見えなくても問題なかったけど、

・No One Mourns The Wickedではアンサンブルがステージ手前までくるのでグリンダやエルファバ両親のシーンが見えない
・マダムモリブルやボックが上手セットの上でアクトするときは近すぎて顎を見る感じ
・ドロシーへの道案内するグリンダのシーンは全く見えず声だけ聴く
・話を追うのに支障はないけど、ドラゴンもかなり真上なのでいつ動くか知ってないと意外と見逃すかも

などなど。繰り返しますけど悪くない席、こういうのが些細と思うのであれば。そうそう、スピーカーが目の前なので楽器隊の音がとてもいい!ネッサの嵐のときなんか地響きレベルの音が出ていて、大音量の映画館みたいだった。歌声はそこからは出てなかったので、ステージ上の真ん中に吊ってるスピーカーから出してるのかも。

※キンキーでも書いたけど、Seat Planというサイト、ロンドンの主要な劇場の座席からの写真をユーザーが投稿するサイトで、超お役立ち。

今回とっても近かったから、アンサンブルさんたちのダンスも「群舞」ではなくて個々の「ダンス」と捉えてみることができてよかった。男性陣ってどうしても特徴が掴みづらいのだけど、女性陣でいうと赤毛の女性とひっつめヘアーの女性が、芯がありながらしなやかなダンスをしていて目が幸せだった。この作品はアシンメトリーなデザインの衣装とそれが揺れるダンスも楽しめるなとつくづく。

人力で動かすドラゴン、Dancing Through The NightやOne Short Dayでパッと華やかになる電飾、もちろんエルフィーが舞い上がるセット。ど頭の音楽、What Is This Feeling?のファニー感、No Good Deedのどうしようもないダーク感。好きがいっぱい詰まった作品。

そして海外では圧倒的な声量と歌唱力も堪能できるし、やっぱりゴージャス感も違うし、大きな拍手や笑い声や歓声・指笛もすごく盛り上がる。ただ、エルフィー誕生シーンでの爆笑は、日本人の私にはどうしても心からは笑えないけど(「ハハッ」くらいの笑いにはなってきた)。笑

さて、今回特に良かったキャストはソフィ・エヴァンス演じるグリンダとメラニー・ラ・バリー演じるマダムモリブル!アリス・ファーンのエルファバも悪くなかったのだけれど、こちらはもっと私好みのキャストが歴代たくさんいるので。

まず、ソフィのグリンダ。劇団四季のグリンダでガッツある人は見たことがないけど、海外グリンダってけっこうお胸があるせいか腕ががっちりしている(そして割と足もがっちりしている)人が多くて。しかしソフィはクリスティン・チェノウェス系のお胸ありつつも手足の細い可愛いグリンダで、まずビジュアルがとても良かった。

歌声は、高音はそこまでストロングではないのでときどき若干ハモり負けしそうな気配があったもの、十分良かった。地声と裏声をあからさまに行き来するといったことはなかったし、高音の多いグリンダでも「うるさい」と感じさせないストレスレスな発声だった。

そして特によかったのがキャラクターづくりや演技。NOMTWでも笑顔の合間にすごく不安そうな顔や、エルフィーを悪く言われて悲しそうな顔をのぞかせて。学生時代は本当におバカなブロンドという感じで、Popularをはじめとしたファニーなキャラクター造形がとてもハマっていた。二幕でいろんな経験を経てのラスト「I'd like to try to be... Glinda the Good.」なんかもう…。どんだけ辛い決断をしたんだあなたは!と声をかけてあげたくなるくらい、複雑な顔をしてから決意の顔になる強さが際立っていた。

そしてもう一人とっても満足度の高かった、メラニーのマダムモリブル。彼女も衣装からしてまずとても似合っていた。時々マダムモリブルって、バカ殿みたいなメイクになっちゃってる人とかいるから…。あとスタイルが貧相すぎても衣装がマッチしない。そういうところもちょうどよかった。

シズ大学の先生としてニコニコ良い人そうに、面倒見のよさそうに見せておきつつ、去り際、最後の最後に目がこわいのがとっても良かった。マダムモリブルにあまり歌のうまい人がいてももったいないようにも思うんだけど、この人は二幕でも重要なカギを握るのでしっかり歌ってほしい人。そこも、しっかり旋律をなぞって歌ってくれていたし、凄みをきかせた声やエルファバの悪評を伝染させるときや悪役らしいシャウトなど、やっぱりダークさを出すのが上手だった。

アリスのエルファバは、けっこう怒ってるイメージが強かった。Youtubeでチェックしたときはあまり好みでないエルフィーだと思ったけど、怒りっぽさがあるとはいえ、見て見れば比較的王道のエルフィーだった。Defying Gravityでは「Take a message back from MEEEEE!」がやっぱりうるさかった感じで、ちょっとe音のビブラートが大きいのに細かくて耳にやさしくなかった。陽より陰がうまいエルファバなので、No Good Deedの影のある大人な女性の動揺と怒りは素晴らしかった。

他キャストはそんなに良い印象も悪い印象も強くないかな。ただ、女性陣は比較的安定感あるキャスティングなことが多い気がするのに、なんでウィザードって安定してイマイチなんだろう?ロンドン、シドニー、日本と3箇所で見てきたけど、良かったなぁと思ったウィザードは日本で1回みた人くらいだったよ(劇団四季の…どなただったかは忘れてしまった)。あとエルフィーパパも80%くらいの確率でイマイチな気がする。

フィエロは、及第点という感じ?特別歌が上手いわけでも下手なわけでもなく、ダンスも特筆するところはなく。まあ私がフィエロのダンスをジャッジできるのはカカシダンスの一瞬だけなのだけど…。フィエロといえば、オフブロードウェイのヘザースでオリジナルJ.D.だったRyan McCartanが、Wickedのフィエロ役でブロードウェイデビューだそうな。まだ25歳…ヘザースの頃は20歳そこそこだったんだぁすごいわぁ。

今回9回目の鑑賞だったWicked、10回目はどこかな?ブロードウェイでも観てみたい気持ちはあるのだけれど、ウエストエンドよりだいぶチケットがお高い感じがするんだよなぁ。。何か仕事があればそのついでに行けたらいいのに。

Cast List (in order of appearance)
Glinda:Sophie Evans
Witch's Father:Rhidian Marc
Witch's Mother:Jennie Abbotts
Midwife:Kerry Enright
Elphaba:Alice Fearn
Nessarose:Rosa O'reilly
Boq:Jack Lansbury
Madame Morrible:Melanie La Barrie
Doctor Dillamond:Chris Jarman
Fiyero:David Witts
The Wonderful Wizard of Oz:Andy Hockley
Chistery:Chris George

ライブハウスのショーに来たような盛り上がり!:Kinky Boots 8/23@Adelphi Theatre

2018年夏のロンドン3泊5日弾丸旅行。1晩に1本見る感じで3つ観賞。まずはキンキーブーツ。

去年来日公演も日本人キャスト公演もやってたけど、YouTubeで見たシンディローパーの曲がいまいちなじめず行かずじまいだった作品。しかし周りには来日公演やNYで観た人が何人もいて、口を揃えて絶賛するので、すすめられるままにチョイス。


Kinky Boots | West End Live 2018

エストエンド公演は2019年1月でクローズらしい。アデルフィシアターは小さい感じで、それはロンドンの劇場ってどこもそんな感じのところが多いんだけど、ここは特に舞台の横方向の長さが短い気がした。

事前にネットでチケットとっていて、2階ドレスサークルの1列目上手。深く腰かけると若干演者たちの足元が見切れるけど、当日並ばずに済んでほとんど障害物なしでこのビューで40ポンドちょいなら全然OK。
Seat Planというサイト、ロンドンの主要な劇場の座席からの写真をユーザーが投稿するサイトで、かなり役に立った!

感想、なじめなかったシンディローパーの楽曲は生で聴いたら歯切れがよくてすごくテンション上がった!すごく盛り上がる!あちこちでたくさんの拍手や「ヒュー!」「フゥー!」が発生するのもやっぱり海外観劇の醍醐味。さながらローラたちのライブのよう。

衣装は小さいハコで見るせいか意外とゴージャス感や完成度はさほど…という感じ。下町の靴工場の話なので、ローラとエンジェルズ以外は普段着っていうせいもある。セットはEverybody Say~のベルトコンベアが少し変わったセットだったかなというところ。

この作品はとにかくローラがメインなのかなーと思ってたけど、チャーリーが清涼感あるハイトーンやわらかめボイスでとっても好きな声だった!個人的にMatthew James Thomas系かと。

チャーリーの演技については、後述するけどお話自体のテンポがかなり早かった印象なので、伝わりやすい演技には見えなかったかなぁ。私が観た公演はアンダーのジョーダンがやってたから、メインのオリバーだったらまた印象違ったのかも。

もちろんローラの存在感はばっちり。Land of Lola, Sex Is In the Heelはもちろん、Everybody Say Yeah のソウルフル?ゴスペル?な歌い回しもしびれるほどかっこよくて、こういう曲はやっぱり海外キャストの歌で聴きたいなと思った。それからドラァグクイーンゆえ、下ネタ的なものもちりばめれていて、それっぽいことを言うと鳴る「チーン」の音もナイスタイミング。

ただ、2幕のローラソロの場面、大変申し訳ないことに眠くてよく覚えてない…会場の拍手と歓声はあったような気がする。チャーリーのソロも同様、惜しいことをしたけど、到着日の疲れには勝てなかったなぁ。

あと、特にキャラクターとして面白かったのがローレン。演じていたナタリーはエルファバのアンダーだった頃の音源を聴いたことがあって、そのときは高音だけ突然抜けるようなスコーンとした歌声がとっても印象的だった。今回観れて嬉しい。

歌はエルファバをやっていたくらいだから、キンキーで出てくるくらいの高音域なら楽々という感じ。ファニーで強めの声で終始歌い演じていたのがとっても良かった。

エルファバと違ってキンキーのローレンはかなりコメディな役回り。ドライヤーで脇乾かす、恋する様子を歌いながら舌をべろべろetc…。キンキーはロンドンの下町の靴工場という設定だけど、このキャラクターはアメリカンコメディによくいるファニーな女性という感じ。

その他耳触り的に良かったなぁと思うのは、The Most Beautiful Thing in the Worldの子役チャーリーの幼くて可愛らしい声とか、その曲中に大人女性陣が応酬するI Know~。たぶんナタリー以外にも強めのアタックで高音を歌える人が揃っていて、はまり具合がしっくりだった。あとはRaise You Upのハーモニー。

お話の進みとしては、映画で予習してはいたのだけどかなりテンポが早かった。ブーツをつくろうと決めたところ、チャーリーと恋人との亀裂やいつの間にやらのローレンとのくっつきエンドなど、ちょっとついてけなかったな。あと、ローラのボクシングのところも映画にはなかったような。

まあそのあたりは置いておけるくらい、ライブ感覚で歌とダンスが楽しめる、明るく終われるいい作品だと思った。日本人キャスト公演だとどんな感じになるのかな?というのが、今回ウエストエンド公演を見てめっちゃ気になる作品でもありました。

Cast List (in order of appearance)
Mr. Price : David Haydn
Young Charlie : Jude Muir
Young Lora : Samson Wakayu
Simon Snr : Momar Diagne
Nicola : Suzie Mcadam
Charlie Price : Jordan Fox
George : Antony Reed
Don : Sean Needham
Lauren : Natalie Mcqueen
Pat : Rosie Glossop
Harry : Ben Jennings
Lola : Simon-Anthony Rhoden
Angels : Jon Reynolds, Tom Scanlon, Daniel Downing, Jed Berry, Jak Allen-Anderson
Trish : Abbey Addams
Richard Bailey : Jonathan Carlton
Milan Stage Manager : Anna Stolli
Ensemble : Olivia Winterflood, Hannah Price, Christopher Parkinson, Keith Higham

Conductor : Jim Henson

ドキュメンタリー映画を観てる感覚:エビータ 7/27ソワレ

もう来日公演終わってしばらく経ちますけど、みたので一応。シアターオーブにて、ミュージカル エビータ。

エマキングストン演じるエヴァとラミンカリムルー演じるチェは共にストロングボイス系だったからか、歌のうまさがすべて!みたいな印象を受けたかな。タイトルに書いたようにドキュメンタリーを見てるような感覚で、感じ入った感想は書けないなぁ。あらすじ細かく覚えられなかったのでWikipedia拾いながらで。


Evita | International Tour 2018

コンサートとかでDon't Cry for Me ArgentinaとかBuenos Airesとかは聴いたことあったけど、作品として観るのは初めて。仕事終わりに駆け込みの当日券、2階A席。2階S席前方だか中方がごっそり何列か空席になってて、関西の災害で来れなくなった団体さんかなとか思ったり。それ抜きにしても、少なくとも2階はスカスカだった。

開演前、緞帳に描かれている絵を見て、「あぁ、なんかちょっと胸がざわつきそうな作品かも…」と思ったのはあながち間違いではなかった。描かれていたのは、人々の死体の上に立つ軍隊、その上には上流階級の人たち。その後ろに、オレンジと白の太陽の光のような背景(朝日新聞のロゴみたいな感じの模様)。

幕が開いて、エビータの訃報のアナウンスと不協和音なRequiem、不穏な気持ちに。ラミンが現れて歌い出すOh What a Circus、余裕な歌唱で安定感抜群だけど、前から薄々気づいてたO行のこぶし?が強くてそこはあまり好きになれない。

ピピンのときも思ったけど、こういう狂言回しな役というのはどういうのが「うまい」んだろう。「下手だな」と思ったことは今までにないけど「これはうまいなぁ!」と思ったこともない。ピピンのオリジナルのリーディングプレイヤーだったパティーナミラーさえ。

エヴァブエノスアイレスに連れていってと男性歌手にお願いするOn This Night of a Thousand Stars、続くEva, Beware of the City、ビッグになるわと主張するBuenos Airesの流れは、なんだかちょっと冗長な感じがしたような。たぶんスコア的にほんとに(私にとっては)冗長なのと、「連れてってよ」「いややめときなよ」の繰り返しがしっくりくる翻訳になってなかったからかなぁと。Buenos Airesもリピート多いし。

あとなによりずっと変だなって思ったのは、エヴァは自分一人で成り上がっていけそうなくらい強かったこと。これはエマキングストンが歌うますぎゆえとも思うし、どういう役作りが正解とかわからないけど、彼女ならなんでも一人でやれてしまえそうだった。

話を戻して、チェがエヴァ、ペロンの躍進を説明(Goodnight and Thank You, The Lady's Got Potential , The Art of the Possible)。Goodnight~ではエヴァがめっちゃいろんな人と夜を共にしてのぼりつめていく様が面白かった(男達が部屋から出されてどんどん並んでいく)。The Art~は、完全に軍人の椅子取りゲームでそれも面白かった。

チャリティコンサートでペロンに近づくI'd Be
Surprisingly Good For Youも、翻訳のせいか、駆け引きが長くて少し間延びした感が。エヴァもペロンも最後の一押しを相手にさせたいのか、決定打を放たないのがもどかしかった!でもそうと決まったらあっという間に怖い女になってペロンの愛人ミストレスを追い出すあたり、あの強すぎるエヴァならやりかねない。笑

そしてこのミストレスの歌うAnother Suitcase in Another Hallがとっても良くて!ミストレスを演じたのはイザベラジェーン。個人的にたまらないくらい癒し系エンジェリックボイスだった!讃美歌を歌うような清らかさと、この先の自分に何が起こるのか不安な気持ちを隠せないでいる様子。今回の面々の中では一人だけ清らかすぎて若干場違い感もしたのだけど、あの声はぜひまた聴きたいなぁ。

一幕ラストのA New Argentina。大統領に立候補するペロンを鼓舞し、ペロンの応援演説のごとく国民を煽るエヴァは圧巻だった。YouTubeでこの曲を聴いたこと、そして「エマキングストンがすごい」というSNSの情報だけで観に行ってしまったようなものだけど、それだけの価値があった。低音もがっつり出してからの高音のパワフルな歌い上げは、あまりにも素晴らしくて「聴く麻薬」みたい。

二幕、大統領戦に勝利したペロンたちの演説。On The Balcony of Casa Rosadaではペロンを支持するペロンコールが入るのだけど、これがまた絶妙に不穏な不協和音だった。「ペロン…ペロン…」と3人が3人とも半音ずつずれて歌ってるような感じ。そして恐らく最も有名なDon't Cry for Me, Argentinaは、正解がわからないながらもエマキングストンエヴァは強すぎる感じがしていた。※歌はもちろんうまい。

そしてプロモーションでもラミンが歌ってたHigh Flying, Adored。歌ってるのは覚えてて、やっぱりうまいなーっていうのとやっぱりO行のこぶしきついなーっていうのは覚えてるけど、内容が全然頭に残ってない(Wikipediaにはエヴァのダンスの採点をする的なことが書いてあるけどよくわからない)。

ヨーロッパ外遊が失敗した後、エヴァ・ペロン基金をたちあげチャリティ活動を行ったAnd The Money Kept Rolling In。彼女はお金を政治以外の美容などの私用に使っていたようで、「たくさんチャリティでお金が出ていくから、細かい収支はわからないわ!」とやっていたらしい。そんな大雑把、意外とまかり通ってしまうものなのかしら?アルゼンチンだから?

どういうくだりだったか忘れてしまったしwikipedia見ても意味がわからなかったんだけど、子供達が歌うSanta Evitaは讃美歌のようで癒された。ウィーン少年合唱団ってこんな感じなのかな?A Waltz for Eva and Cheはエヴァとチェの歌なんだけど、詳細には覚えておらず。

ペロンの愛に気づくエヴァのYou Must Love Meは美しくかったけど、その愛への感謝というよりはとりつかれたように副大統領に立候補しようとするエヴァの心情が読み取れなかった(She is a Diamond, Dice are Rolling)。

結局、自身の病気により出馬断念(Eva's Final Broadcast)。亡くなるときの走馬灯のように、始めから今までの超圧縮ダイジェストのような歌と演出(Montage)。やはり「Evita Peron, Evita Peronista」の不協和音が不気味。チェが、エヴァのための記念碑がたてられることになったが、出来上がる前にエヴァの肉体はなくなってしまった後に台座だけが完成したと語り、幕。

そこかしこに不協和音や不穏な音をまぎれこませていて、なんだかホラー気味に感じてしまったくらい。正直、どんなに歌がうまい人がたくさん出てくれようが、あまり何度も観たいと思う作品ではないように感じた。

ただ、エマキングストンとイザベラジェーンの声を聴けたことに悔いはなし!ぜひまた聴く機会に恵まれたら嬉しいなと思う。声といえば、終演アナウンスのウグイス嬢がいい声だったみたいで、私なぜかメモしていた。笑

ハード、癒し系リラックス、スパイシー、どれもいい:Alice Lee

Heathers関連で。ヘザーたちの「キャラクターの中では」断トツで私は好きになれないのがHeather Duke。ちなみにキャラクターカラーは緑。そのデュークを演じてたのがAlice Lee。

でもキャラクターと彼女そのものとはまた別の話かもと思って動画を漁ってみたら、これまた素敵な声で歌ってるのに気づいたわけです。その振り幅がすごい、かつ、ミュージカルっぽすぎない歌唱がとっても素敵。日本の人とか時々いるけど、抑揚が深すぎるというか、声の揺らしにも限度あるよねって思うことあるので。


Shine A Light (Reprise) - Heathers: The Musical +LYRICS

まずはHeathersの中から一曲、Shine A Light(reprise)。これリプライズじゃないほうでは「不安で仕方ない気持ちを表に出そう!そしたら痛みはなくなるよ!さあ照らそう!」みたいな感じでいじめ撃退ソング的にフレミング先生と生徒たちが歌うやつ。ハッピーソング的位置付け。

それがリプライズでは、デュークがハードボイスでマクナマラに自殺を迫るというだいぶブラックな一曲に。shineとwhine、全然違う意味なのに韻踏んでるのもナイスだし、個人的にはdeserve to liveとsedativeの韻が超ハマりがいい。リプライズの出だしではまだロック味ある可愛い声にも聴こえるんだけど、there's no santa clauseあたりからのドスのきいたアリスのハードボイスがかっこいいわぁ。


RIPTIDE with Alice Lee

お次、アリスはYouTuberでもあるのかな?Alice Jってチャンネル持ってるみたいで、その中から一曲。ウクレレのリラックスした音にあわせて、自在に脱力して歌うのがいいよね。音と音の間をシームレスにやわらかくつなげてるのがとっても耳に心地よい。それでいて音階はピタッとあててきてるから、高音もストレスフリー。


Welcome to Alice's "Candy Store"

最後にもひとつ、HeathersのCandy Storeセルフカバー。前に書いたとおり、この曲はアイドルっぽさと少しセクシーさも出したダンスとの相乗効果が最高。でもこのカバーはしぶくてスパイシーで、また別の良さがあるなぁと思った。ラスサビにあたるところがwow wow~がいっぱいなアレンジなんで、そこもふつうに歌ってほしいくらい(笑)、もっともっと聴きたいカバーだわ。

Wikipediaによれば、彼女はコリアンアメリカンらしい。童顔で丸みのある顔が可愛らしいので、コリアン系とはちょっと意外。どっちかというと日本とかチャイニーズっぽい感じがする。

Heathers3人組の中では、今でもBeautifulやMamma Mia!の映画に出てるジェシカ、最近どうしてるかよくわからないけどBring It Onとかにも出てたエルたちよりは、アリスはミュージカル外がどちらかというとメインフィールドなのかな。

劇中の役ではデュークしか知らないからかもだけど、演じてるとこより歌ってるとこにより多くの魅力を感じるので、なんとなくそんな気がする。もちろん演技がイマイチって意味じゃなくて、歌が素敵って意味で!