Impressive Sounds

素敵な歌声や音楽を求めて。

高くてやわらかい絶妙な青年声:Matthew James Thomas

スティーブン・シュワルツの関わった作品が好き。
Wicked(詞曲)、PIPPIN(詞曲)、The Hunchback of Notre Dame(詞)、The Prince of Egypt(詞)など、
生なり映像なりで見たことがある。
その中で、ミュージカル「PIPPIN」のリバイバル版にタイトルロールでキャスティングされていたのがマシューだった。

PIPPIN (Broadway) - "Corner of the Sky" / "Magic To Do" [LIVE @ The 2013 Tony Awards]

残念ながら、PIPPINに限らず彼の生声を聴いたことはない。
PIPPIN来日公演は観たけど、彼じゃなかったから。
それでも、個人的にかなり好きな声だというのはYouTubeを巡って確信してる。
PIPPINにはダンスナンバーもたくさんあって、マシューは歌も躍りもバッチリできちゃうタイプ。
中でも私が好きな歌はやっぱりそういうのじゃなくて、歌を聴かせるのがメインのものだ。

まず貼りつけたのはCorner of the skyで、これはジャクソン5がカバーしたことでも有名らしい。
いたってふつうの青年として登場するピピンが「特別な何かを見つけるんだ!」と歌い上げる曲。
これから特別な何かを見つける(はずの)ふつうの青年なので、毒がなくスレてなさそうで、ちょっとだけなよなよしさも予感させる歌い出しが自然。

彼がすごいなぁと思うのは、後半につれどんどん豊かになっていく声の明るさと強さ、そして最後の裏声からの地声シャウト。
あの高さの音を裏声から地声にもってこれるのすごい。

他にもしっとり系だとWith Youとかかなりやさしく甘い声で歌うのでうっとり。
中音域と高音の行き来がスムース、かつ高音がリラックスして響くから耳辺りが良いんだよね。
劇中でも女性ダンサーとおどけながらなんなく歌ってるけど、あれ実はけっこう難しいんじゃないかな。
フープにつかまって、女性ダンサーを上にのせて、音の高いセンシティブなところを歌うので。
そのほか、聴かせる系だとMorning Growもいい。
最後の盛り上がりももちろんだけど、はじめのソフトな歌い出しはWith Youに通ずるものがある。

マシューのこと書いてるというか、マシューの歌うPIPPINの曲のこと書いた、って感じになっちゃった。
でも曲と声の相性ってあると思うし、プリンスオブエジプトをミュージカル化するときにはぜひ彼にタイトルロール演じてほしい。

ちなみに彼、「ブリタニア・ハイ」っていうイギリス版gleeみたいな(glee見たことないので)ドラマに出てて、その劇中歌のProudもかなり素敵。
父に対して訴えかける切ないメロディー。
一時期こればかり聴いていました。
けっこう前のドラマなので画質が見づらい感じだけど、YouTubeにいくつか転がってます。
あと余談だけど、ブリタニア・ハイはサファイア・エイリア(読み方間違ってるかも)が超可愛い。

さて、マシューは歌がすごいんだけどダンスもすごいので、それがわかるやつも置いときます。
うわーかっこいーと心の中で叫びました。

Wake Up - Britannia High Live Finale (HQ)